リアルタイム査定による買取比較(参考書編)

大学受験をはじめ、高校や中学の受験対策といえば過去問の研究。

全国で一斉に行われる大学入試センター試験や都道府県公立高校入試問題など、
新聞やホームページで公開されることも多くなっています。

とはいえ、問題と解答を入手しただけでは理解することが難しく、
やはり詳しい解説が書かれた参考書やテキストが欠かせないです。

そのため、問題集は必要不可欠ですが受験が終われば使うこともなり、
保管スペースの問題もあるので早々に処分したいところです。

そこで、新品同様の状態での査定金額(2017年7月調査)になりますが、
オンラインリアルタイム査定による問題集や参考書の買取価格を比較してみました。

リアルタイム査定での買取価格調査

今回、「センター試験過去問研究 英語」の2018年~2016年版に加えて、
2017年全国高校入試問題正解など6冊をピックアップしてみました。

「センター英語」は2018年版(2017年4月発行)が最新版で、
2017年版(2016年4月発行)が前年度、2016年版が前々年度の過去問になります。

2018年版は今後の試験対策に使われるので古本でもニーズは高いですが、
前年度版がどの程度の買取価格になるのか気になるところです。

「全国高校入試問題正解」はあえて前年度の2017年受験用(2016年6月発行)にして、
実際に不要になった問題集がいくらになるのか調べています。

問題集が使用感のないキレイな状態であることは少ないですが、
ほぼ新品での買取価格(2017年7月調査時点)のため参考価格としてご覧ください。

買取サイト
センター試験過去問研究 英語(2018年版)

センター試験過去問研究 英語(2017年版)

センター試験過去問研究 英語(2016年版)
アマゾン宅配買取サービス 272~389円 151~215円 0~17円

ブックサプライ
571円 460円 152円

BUY王(バイキング)
427円 256円 92円

ネットオフ
- - -
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
駿河屋
400円 150円 -
【あおば堂】本・CD・DVD・ゲーム買取 170円 190円 5円
セコハンバイヤー 276円 412円 1円
古本買取のホンマルシェ - - 5円
古本買取の【古書大黒堂】 285円 162円 71円
買取サイト
2017年受験用 全国高校入試問題正解 英語・数学・国語

2017年受験用 全国高校入試問題正解 理科・社会

わかる!できる!応用自在 算数
アマゾン宅配買取サービス 904~1,509円 456~882円 294~492円

ブックサプライ
142円 70円 804円

BUY王(バイキング)
438円 88円 623円

ネットオフ
- 110円 -
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
駿河屋
- - -
【あおば堂】本・CD・DVD・ゲーム買取 425円 465円 200円
セコハンバイヤー 516円 235円 793円
古本買取のホンマルシェ 929円 690円 523円
古本買取の【古書大黒堂】 548円 305円 373円

国語辞典や英和辞典の買取比較 と同様で、買取価格の二極化という結果になりました。

ネットオフでは買取不可に「年度表記のある参考書」と明記されているほか、
駿河屋でも「教科書/百科事典等」が買取不可となっています。

そういった買取サイトを除けば、まずまずの査定金額といえそうです。

ただ、あくまでも新品同様の状態での買取金額のため、
折れや書き込み等があれば買取不可になる可能性があります。

そのほかに、「センター試験過去問研究 英語」の査定金額は、
やはり最新の2018年版が高く前年の2017年版、2016年版の順番になりました。

2017年版は2016年4月20日発売なので、
前年度の問題集まではそれなりのニーズがあって高価買取になるようです。

一方、それ以上経過した2年以上前の本になると、
10円前後の査定金額が多くなり最低価格帯での買取になりました。

合計買取査定金額と特典キャンペーン

受験が終わったら問題集はまとめて処分することになるため、
問題集や参考書などの買取傾向として6冊すべての合計金額を比較してみました。

また、買取時の送料が無料になる最低冊数やキャンペーン特典など、
買取に関係する諸条件についても比較してみました。

買取サイト 合計金額最低
冊数
キャンペーン特典
アマゾン宅配買取サービス 2,077円 1冊 -

ブックサプライ
2,199円 10冊 初版1ヶ月以内なら定価40%以上、
3ヶ月以内なら20%以上

BUY王(バイキング)
1,924円 20冊 初回利用&20冊以上で1,000円UP
100冊以上で1,000円ボーナス
(査定金額が50円以上が対象)
初版1ヶ月以内なら定価40%以上、
3ヶ月以内なら35%以上

ネットオフ
110円 30冊 初回限定1,000円UPクーポン
さらに3,000円以上なら1,000円追加。
(クーポン利用・他クーポンの併用は不可)
買取金額20%UP(別クーポンを利用)
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
駿河屋
550円 30冊 -
【あおば堂】本・CD・DVD・ゲーム買取 1,455円 20冊 3,000円以上で500円ボーナス
セコハンバイヤー 2,233円 20冊 初版50日以内なら定価35%以上
古本買取のホンマルシェ 2,147円 1冊 -
古本買取の【古書大黒堂】 1,744円 20冊 -

買取不可のネットオフと駿河屋を除けば、
どの買取サイトも2,000円前後の査定金額となりました。

受験用の問題集などを一気に処分すれば20冊程度になることも多く、
最低買取冊数をクリアすることはそれほど難しくないと思われます。

となると、本のコンディション判定がカギを握ることになりそうです。

アマゾン買取サービス であれば、
コンディションが一番低い「可」での買取価格が提示されています。

アマゾン買取レポート(一般書籍) のコンディション判定を参照

そのため、買取してもらえる程度の状態であれば、
最低での査定金額が想定できるので安心感があります。

まとめ

ネットオフや駿河屋はそもそも問題集の買取査定が厳しくなっており、
あらかじめ避けておいたほうが賢明といえます。

そのほかの買取サービスであればそれなりの買取金額になりそうですが、
1冊から申し込める アマゾン買取サービス の使い勝手が良さそうです。

ただし、書き込みなどがあれば買取不可になる可能性が高いです。

もし書き込みがあるようなら、以下のサービスがおすすめです。

  • バリューブックス - 総合的に査定するため、状態により減額となるが買取可

  • 学参ブックス   - 一般の書店で販売されている問題集は書き込み不可ですが、
             予備校テキストなどは買取可で査定金額アップ!

  • 学参プラザ    - 予備校のテキスト・教材は書き込み可

オンライン査定による買取価格比較
古本買取の体験レポート